2013年08月12日

まっ黒な

2013.8.12.png

「まっ黒な 山へ向かへる 端居(はしい)かな」

端居…暑い夏の夕方などに、風の入る縁側や窓辺など、家屋の端に座って涼をとり、くつろぐことをいう。(ザ・俳句歳時記より)

写真は御岳山などで有名なレンゲショウマで、裏の庭に咲いていたものです。



posted by akko at 22:41| Comment(4) | かほる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
残暑お見舞い申し上げます。
今年は、御岳山に行かなかったなぁ〜
自宅のレンゲショウマは、暑さで咲きませんでした。
残念でした。(-_-;
Posted by 凪々 at 2013年08月13日 04:48
マチゼミのときだったか、そのうちまたブログを再開すると聞いていつからかなと思っていたら、主人がもう再開しているよと教えてくれました。
akkoさんは俳句にも興味があったとは、趣味の広さに感心しています。
これからも楽しみに見させてもらいます。
Posted by CHIKO at 2013年08月13日 10:36
☆凪々さま 

残暑なんてものでなくて、本格的に暑過ぎますね。
今年の御岳山は暑すぎて、花はイマイチだったとか。
我が家の裏は本家の庭でして、程よい日陰で今年も
綺麗に咲きました。
Posted by akko at 2013年08月13日 17:29
☆CHIKOさま

やはり何にもしていないとボケそうでして…。
これからもご笑覧下さい。

俳句は祖父がしていて、父はしなくて才能は叔父が引き継いだ
みたいです。
私にも隔世遺伝が…と思ったこともありましたが、全然ダメでした。


Posted by akko at 2013年08月13日 17:34
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: