2013年08月11日

八月や

2013.8.11.png
「八月や 黒きばかりに 多摩青嶺(あおね)」

2ヶ月半ブログを休んでいましたが、又再開します。
今日からは私の父の弟、坂田薫叔父の作品を載せていきます。

私の読めなかった言葉には振り仮名を振りました。
また難しい語句には歳時記などから、説明を加えさせて頂きます。
短い語句の中に広がる俳句の世界に、皆様もご一緒にどうぞ。

バックの写真は叔父宅の庭に咲いていた女郎花(オミナエシ)です。



posted by akko at 21:44| Comment(4) | かほる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
暑いですね。でも元気に過ごしています。

我が家の玄関には、毎年8月になると、或る短冊が飾られます。薫兄ちゃんの句です。
「生きてゐるかぎり八月十五日」。

たぶん、このブログでも紹介されるでしょうね。
Posted by Chinkoh at 2013年08月12日 06:58
☆Chinkohさま 

早速のコメントを有難うございます。
10日分の句を頂いていますが、勿論この句も入っています。
自分で気に入っている句だと言っていました。
これからも宜しくお願いします。
Posted by akko at 2013年08月12日 09:47
ブログ再開と聞いて嬉しく思ったら、
ページを開きビックリやら、嬉しいやら、
懐かしいやら。
自分にとっては、近すぎて踏み込めなかった
俳句の世界を、あっこちゃんなりの
感性で紹介してくれると嬉しいです。
どうもありがとうございます。
Posted by 宮崎のひとし at 2013年08月12日 21:52
☆宮崎のひとしさま

何人もの方々にブログが無くなって寂しいと言われ、
自分でも写真や草花に興味が無くなりかけたので、再開しました。

今度は叔父さんの力を借りて、私も踏み込めなかった俳句の世界を
勉強してみようと思っています。

時々コメントをよろしくね。
Posted by akko at 2013年08月13日 00:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: