2006年12月14日

ハボタンその2


ハボタンその2

今日は我が家に植えたハボタンです。

10日ほど前に、ようやく夏の花と入れ替わった冬の花の定番です。

夏の花が長く咲いていましたが、冬の花も長く咲きます。

ハボタンは、塔がたって花が咲いて種が出来るまで植えておくので、黄色い花が咲く頃には、誰もが何の花?と聞くほどです。

「趣味の園芸」に“踊りハボタン”の仕立て方が出ていたので、来年は挑戦してみようかと思っています。

posted by akko at 22:08| Comment(2) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
見事に咲きましたね。瑞々しく キッチリした 葉牡丹は、
 やはり 観賞用の 観葉植物のように 思えますね。
 誰が 開発? 改良?したのでしょうか?
 
 踊りハボタン? はじめて聞くネーミングですね。
 来年が 楽しみ!首を長くして 待っています・・・ネ
Posted by yuki at 2006年12月15日 18:49
☆yukiさま こんばんは!

ハボタンは観葉植物…、まさしくそうですね。
江戸時代にキャベツを改良して作られたようですよ。
2〜3年大事に育てれば木のようになって、先々に
ハボタンがつくそうです。
それを「踊りハボタン」と言うらしいのですが、
私もどうなることか楽しみです。
Posted by akko at 2006年12月15日 19:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: