2006年07月14日

クチナシの花

クチナシ

裏にある本家の庭から、風に乗って良い香りが漂ってきました。
思わず♪クチナシの〜白い花〜♪と口ずさんでしまいました。

花の盛りを過ぎると白から黄色になります。
実は黄色の色付けに使えるので、おせち料理のきんとんには欠かせません。

posted by akko at 10:54| Comment(3) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「クチナシの花が咲いたよ〜
白い白い花〜〜〜が咲いたよ〜〜〜」
クチナシの花と聞くと、私はこの曲を思い出しますが・・・
高校の時の音楽の教科書にありました〜。
さて、クチナシの香りと言えば、いや〜な思い出が・・・
汚い話で失礼を致しますが・・・
それは大学時代の7月。
私達の「尿に蛋白が含まれているかを調べる実験」の日。
その実験というのは「尿を煮詰めなければいけない。」というもので。
窓辺にはクチナシの花が・・・・
クチナシの甘い匂いと、煮詰めた○の臭いが相まって・・・・
思い出すのも恐ろしい時間でありました・・・
ほんと失礼いたしました〜〜〜〜
社長さんなら許してくださいますよね。
お食事中でないことを祈ります・・・・謝謝
Posted by ハリ天狗マネージャー at 2006年07月14日 21:26
4日間留守にしました。

「○○の花が咲いたよ〜…」は違う花だったような気がしますが私の覚え違い?、又は2番とか3番の歌詞かもね。

学問を究めるには過酷な道も通らねば…。
で、抽出実験のプロセス&結果は覚えていますか?
え?臭いだけはクチナシの香りと共に覚えているって。
気の毒なのはクチナシさん!ですね。


Posted by akko at 2006年07月17日 20:40
あ、そう言われて思い出しました。
「カラタチの花」でした〜〜〜
失敬!!!
Posted by ハリ天狗マネージャー at 2006年07月18日 12:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック